『紙の上の魔法使い』原画「桐葉」×脚本「ルクル」の新鋭コンビ2名が描くブランド処女作はライトノベルに近い美少女ゲーム!

 

大人気アダルトゲームランキング 2014年12月 第3位にランクイン!

月刊エロゲ・美少女ゲーム予約ランキング

新規ブランド「ウグイスカグラ」第一弾作品「紙の上の魔法使い」が見事第3位を獲得!

第4位に1ポイント差に迫られたが、その猛追を凌ぎ切り銅メダルを獲得!新規ブランドの期待と不安が垣間見えるデートヒートには当集計班も手に汗握る熱い戦いとなっていた。

プロモーションビデオには主題歌の利用はなく、その部分がインパクト的にどうか?の不安もあったが、そんな不安は吹き飛ばしてのこの順位。

ウェブサイトや体験版など、丁寧な販促活動が実を結んだ結果だろう。

また、そんな販促活動の一環でブランド公式の生放送を不定期で配信している。

原画の桐葉氏がパーソナリティを務める珍しい形での配信であるが、桐葉氏のとんでも発言が楽しめる放送になっているので、一度作品とは関係のないトークで繰り広げられる生放送を楽しんでみるのもお勧めする。

駿河屋で中古作品を検索⇒ 紙の上の魔法使い | 通販ショップの駿河屋

ブランド『ウグイスカグラ』の最新商品情報を見てみましょう!(※検索をクリック)


ユニオリズム・カルテット

その島には、小さな図書館があった。 とある少女のためだけに用意された、遊行寺家の個人図書館。
そこには物珍しい書物がたくさん蔵書されていて、読書好きな人間にしてみれば、この上ない幸せの場所である。
そして、そんな素敵な個人図書館には、素敵で愉快な住人がいた。

本を愛するひきこもり少女・遊行寺夜子。 毒舌クールな主人公の妹・月社妃。
図書館に居候する天然少女・伏見理央。 そして、後に導かれる探偵少女・日向かなた。

まるで導かれるように、彼らは出会い―― そして、“本が好き” であることをきっかけに、彼らの青春は始まる。
初めは寂しげだった図書館だが、外部から光が差し込んで。 気が付けば―― 彼らは、幼なじみとも呼べる親しい間柄になっていた。

それから、2年後。
家庭の事情から島を離れていた主人公は、久しぶりにあの図書館へ帰ってくることとなった。
6年前とは何も変わらずに、あの図書館も親愛なる幼なじみたちも、変わらずにいてくれて。
しかし、6年前には知らなかった “図書館の秘密” が主人公を待ち受けていた。
「――本に書いてあることが、現実に再現されてしまいます。 そう、どんなことでさえも」
甘酸っぱい恋愛系のお話なら、奇跡のようなラブロマンスが。 驚きのファンタジー小説ならば、明日には吸血鬼が現れて。
ちょっぴり怖いホラー系の物語ならば、あなたの後ろで幽霊が手招きをする。
その本は、現実に物語を開くのだ。

「それが、“魔法の本” 」

瑞々しいほどの青春と、切ない感情に揺さぶられた、小さな図書館の物語を。
遊行寺夜子の、強がりを。 月社妃の、可憐さを。 伏見理央の、健気さを。 日向かなたの、煌めきを。
さぁ―― キミと本との恋をしよう。

ブランド
ウグイスカグラ
定価
8,800円 (税込9,504円)
発売予定日
2014/12/19
メディア
DVD-ROM
ジャンル
ADV
原画
桐葉
シナリオ
ルクル
音楽
めと
アーティスト
 
作詞/作曲
 
声優
橘まお、御苑生メイ、姫原ゆう、花澤さくら、八幡七味、野上結生、原田友貴、芹園みや、小倉結衣
商品同梱特典
 
i2i web拍手

サイト内 最新更新記事